アメリカ現地スタッフ紹介 - ロサンゼルス

アメリカ現地スタッフの安斎

大学在学中に交換留学としてアイダホ州Boiseに留学、その時、自分の視野が広がる面白さに目覚める。大学卒業後3年間社会人生活を送った後、オーストラリアメルボルンに3年間留学。帰国後、語学研修サービス会社に2年間勤務し、大手企業内英語研修アレンジ、社内E-learningシステムの構築、外国人講師コーディネート業務に従事する。その後、留学会社にて5年間留学カウンセラーとしてインターンシップ、留学カウンセリング、留学手配、ビザサポート業務に携わる。転職を機に、アメリカ現地法人GCSのジェネラルマネジャーとしてアメリカに渡米。現在、GCSアメリカ4支店の運営を行っている。


アメリカ現地スタッフの富田

高校卒業後、単身渡米。コロラド州にて英語の勉強に没頭。その後、州立大学に入学し、演技学部、後、コミュニケーション学部に変更。卒業後は、ロサンゼルスにて俳優を目指すべく上京するものの、諸事情により方向転換。その後、航空機器関係の購買・輸出業務に関わる仕事を経験の後、留学・インターン業界に興味を持ち、転職。現在GCSにてインターンシップ先プレイスメント業務を行っている。趣味は社交ダンスで、現在ロサンゼルスで行われている競技会にはほぼ全て出場。週末は基本、ダンス漬け。社交ダンスをこよなく愛す。


アメリカ現地スタッフの石引

大学時代海外旅行が好きで、様々な国に旅をしたことからもっと英語を上達させたいと卒業後、アメリカに語学留学。その後コミュニティーカレッジに進学し卒業後、JAL予約センターに勤務。日本の留学会社の現地スタッフとして、留学生のサポート、専門学校の 海外研修ツアーコーディネート、通訳を経て、現職GCSへ入社。現在はインターンシップを担当し、インターンシッププレイスメント、インターン生の方がアメリカに来られてからの現地サポート業務を行っている。



アメリカ現地スタッフ紹介 - ニューヨーク

アメリカ現地スタッフの中辻

中学生3年生で、カリフォルニア州に2週間ホームステイに参加。カルチャーショックを受けると同時に、アメリカに強い興味を持ち始める。ケンタッキー州で1年高校交換留学参加、インディアナ州の4年制大学にて心理学科を卒業。卒業後、オレゴン州にて子供達を対象とする精神障害者施設に1年勤務した後、日本に帰国。留学経験を活かしたいという気持ちの元、地元福岡にて留学カウンセラーの道に進む。自分の経験値を高めるため、日本からお客様を海外に送り出す立場から、海外で迎え入れる立場を求め、再度アメリカに渡米。現在はGCSニューヨークオフィスにてインターンシップを担当し、インターンシッププレイスメント、留学生、インターン生の方がアメリカに来られてからの現地サポート業務を行っている。


アメリカ現地スタッフの樋爪

学生を対象としたオレゴン州ポートランド市での短期ホームステイへの参加がアメリカへ渡るきっかけとなる。 高校生時代に1年を通してアメリカの文化や行事を体験したいという思いから、インディアナ州へ1年半の高校留学を決意。沢山の出会いの末、アメリカが肌に合うと実感。アメリカ大学進学の夢も叶い、大学では心理学を専攻し、人と関わる事の大切さや魅力を学ぶ。2大学卒業後、これまでの留学経験や心理学を活かせるGCSに入社し、インターンシップや語学学校の手配業務に携わる。アメリカの良さや留学の心構えを自身の経験から伝え、多くの方に留学の醍醐味を知ってもらいたい、役に立ちたいと現在奮闘中。



アメリカ現地スタッフの宮崎

高校在学中、アメリカ大学留学を目指すも両親の反対に合い一度は断念。いつか自分の力で留学しようと心に決め、日本で大学に進学。大学卒業後、化学メーカー研究所にて研究助手として5年間勤務後、自分の夢を叶えるべくアメリカに留学。ハワイで2年制コミュニティーカレッジを卒業後、米系印刷会社に就職しジャパニーズ部門にて日本語のフリー雑誌や旅行ガイドブック等の広告セールスを担当。その後、GCSに入社。現在はハワイ滞在経験を活かして、ホノルルオフィスにてインターンシップのプレスメントやインターン・留学生のサポートをメインに行う。


来社相談
メール相談
メール相談