アメリカ インターンシップ

アメリカ有給インターンシップ・プログラムの特長

研修生の専門分野において最長18ヶ月間(ホスピタリティ関連の職種は12ヶ月まで)、海外の企業や団体でビジネストレーニングを行うことを目的としています。研修生は、受入企業/団体の中に入り仕事という実務を通して経験やビジネススキルを習得します。実践的な英語力とビジネススキルを同時に身につけることができ、キャリアアップに最適なプログラムです。

また、研修終了後(18ヶ月以降)の労働ビザへの切り替えも可能ですので、海外就職へのステップとしても大きな可能性があるプログラムでもあります。

アメリカ国務省承認インターンシッププログラム

アメリカにおけるインターンシッププログラムは、非営利団体(NPO)との提携により、国際交流プログラムの一つとして米国国務省に認可されたプログラムです。プログラム参加条件を満たした参加者が、在アメリカ企業にて研修を与えられるという前提で、アメリカ国務省に認可されたNPO団体より、J-1(Exchange Visitor Visa)ビザ取得に要する特別書類(DS-2019)の発行が許可されます。

アメリカ有給インターンシップ参加条件

  • 年齢:
    20〜45歳(22〜38歳が望ましい)
       *2007年12月45歳女性J1ビザ取得(当社実績)
  • 学歴:
    高校卒業以上 または現役学生(専門・短大・大学)
  • 職歴:
    ~専門・短大・大学卒業の場合 - 1年以上の職歴がある方
       ~高校卒業 - 5年以上の職歴がある方(アルバイト・派遣を含む)
  • 英語力:
    TOEIC600点以上(目安)・日常英会話が出来る方
  • その他:

    ~専門・短大・大学に在学中の現役学生、または、専門・短大・大学を卒業して1年以内の方は、専門・短大・大学の専攻にあった分野で、専攻を補強するための仕事ベースの研修で、12ヶ月間のインターンシップを行うことが可能。もしくは、専攻だけにとらわれず、将来のキャリアプランにあったポジションであれば、J1ビザ申請可能。
    ~必ずしも関連分野での学歴や職歴がなくても、ご参加いただける場合もございます。
    ~英語力はあくまでも目安です。企業により必要英語力は異なりますので、英語レベルチェックの判断によりご参加が可能な場合もございます。
来社相談
メール相談
メール相談