海外のNGOで活躍中!NGOでのお仕事内容や海外で働くときに心掛けるべきこととは?

プロフィール

プロフィール イメージ

名前(ローマ字):Eさん
性別:女
お勤め先の会社名:民間非営利女性団体(NPO)
職種:Fundraising Administrator
役職(ポジション):Fundraising Administrator
職務経験年数:現在のNPOでは6ヶ月目. カナダでの他NPO勤務をあわせるとトータル1年半。

現在どのようなお仕事をされていますか?

現在カナダの女性団体(NPO)のナショナルオフィスでFundraising Administrator をしています。NPOの運営や政府、府、市からのgrantリサーチをしたり、個人、財団や法人からの募金などに応対する事務などをしています。

どのような留学を経験されましたか?(国や地域・期間・内容・得られたこと・成功/失敗談等)

高校生の時に1年間NZの高校に留学しました。また、社会人を経験した後で、カナダにワーキングホリデービザを使って渡り、そこでフェミニズムの視点でトラウマや虐待に関する心理学を教えるプログラムがトロントのカレッジであることを知り、2年間留学しました。学生時代は女性シェルターや移民女性支援NPOなどで研修をしました。カレッジの2年間は毎日夜中まで勉強する日々でしたが、授業がある日もNPOで受付のボランティアをしたり、カレッジで下級生たちのメンターとして勉強を教えるボランティアをしたり、クラスメートが授業のノートを交換したり、質問したり出来るような場をsocial mediaで作って、それの管理人をしていました。そのおかげで卒業時には全セメスターでhonor studentになり、また学校から奨学金も頂きました。

現在のお仕事では、どのような部分で留学経験が活かせていると思いますか?

1番は就労ビザだと思います。カナダでは現地で指定されいてるカレッジや大学で就学するとその後は就労ビザがおりるようになっています(就学した期間によって就労ビザの年数が変わります)。そしてそれが永住権を取る近道にもなっています。また私の場合は学生中のインターン先に卒業後就職できたので、留学は就職への近道だったと思います。カナダの初めの1年間のワーホリ時代はカナダで働いた実績がなく就職活動に苦労したので、やはり現地で学歴があるかどうか、インターン/研修などでもいいから現地で働いた経験があるかどうかはかなり影響したと思います。

仕事においての中・長期的な目標やビジョンなどがあれば教えてください。

カナダだけではなく日本でも人権や女性支援をしたいと思っています。

今後留学する方々へアドバイスをお願いします。

ぜひ他の人とは違う自分にしかできない留学経験をしてください。ご自身の興味を開花させてください。私は大学でジェンダーを勉強して人権に興味があったのでワーホリの時から人権、労働問題、フェミニストブッククラブ、デモなどに頻繁に参加して、そこで人脈作りや貴重な経験をしました。アートでもいいですし、ビデオゲームでもサッカーでもいいですし留学先で現地の人にまみれてそれを極めてください。例えば、paintingのクラスを取るとか(カナダは市が運営している大人向けクラスが安くたくさんあります)、ゲーム大会に参加するとか、近所のサッカーサークルに参加するとかです。そこでの共通の言語(=趣味)を通して得た友人は言語の壁を越えて繋がるものがあると思います。またそこで伝えたことがあるから英語が上達する後押しになったりします。最近はmeet up やfacebookのイベントページなどでいろいろと情報が得れると思います。がんばって自分にしかできない留学をデザインしてください。

 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン