羽ばたけ!未来のグローバルリーダー 海外インターンシップ特集

海外インターンシップとは

インターンシップ生=研修生という位置づけのもと一定期間、企業内で実務(若しくはそれに相応するもの)を体験します。もともとはアメリカから広まった制度ですが、現在では多くの日本企業も就職前の学生向けインターンシップ制度を採用しており、就職した後のミスマッチ対策や学生若しくは若年層社会人が新しい環境で職場体験をすることによる自身の適正確認、視野拡大に役立てられています。

海外と日本のインターンシップの違いは?

日本では「体験型インターンシップ」が多いようですが、海外では「参加型インターンシップ」が主流となります。インターンシップ先やプログラムにより任せられる内容や英語使用頻度が異なりますが、実際に企業の事務アシスタントを任せられることや英語力が認められれば接客を一部任されたり、ミーティングに参加させてもらえることもあります。また、初めは単純作業しか与えられなかった業務も、日々自分から声をかけ、意欲を見せていれば、よりやりがいのある業務を与えてくれることもあります。
みなさん、海外のインターンシップにチャレンジする場合は、日本での自分を一旦捨てて、是非思いっきり自発的に行動してみてください!

海外インターンシップをすると何が得られるの??

日本では海外でのインターンシップは「参加型」
自ら行動し出来ることを探す、自分が得たいことを発信するなど、「自発的」な行動がとても重要です。
興味のある業界について詳しく知る機会になることはもちろんのこと、同時に日本人の中には苦手意識のある「自ら進んで動く力」が養えると考えられます。
その他にもこんなことが得られることが想定されます。

EDU*Japanを選ぶ3つの特徴

1

一人ひとりへオリジナル留学プランの作成

将来の夢や目標、心配事や条件は十人十色です。私たちは一人ひとりの語学力、目標に合ったオーダーメイドのプランを一緒に作ります。

2

幅廣い知識と世界にまたがるネットワーク

世界各国の信頼のおける教育機関、現地オフィスと連携し、留学を最後までお手伝いします。

3

キャリアカウンセリングを導入した留学相談

私共ではキャリアカウンセラー資格を持った留学専任スタッフが在籍しています。あなたのキャリアに適した方向性をプロの視点で提案します。

参加条件と費用について

英語レベルについて

各インターンシッププログラムへの参加においては、言語力や職務経験が求められる場合があります。
参加プログラムにより条件が異なりますので、詳しくはカウンセラーまでお問い合わせください。
尚、上記掲載中のインターンシッププログラムには、英語力初級レベルから参加できるものから、上級レベル(TOEIC800以上)が求められるプログラムまであり、対象者につきましても学生さんから職務経験者対象まで幅広く取り揃えています。

参加費用について

インターンシップへの参加には、各主催団体や教育機関が研修先を手配するためのプレースメント費用が設けられています。
また、専門学校や大学コースの一部にインターンシップが含まれている場合は、インターンシップ参加費用が授業料に含まれることもあります。
基本的にはインターンシップ費用は高額になるものではありませんが、事前学習として語学学校や専門学校・大学を付け加える場合には、その期間に応じて授業料が発生します。
同じ期間であっても学校授業料が含まれる場合とそうでない場合により、全体の費用が異なるケースがあります。
ご予算に応じてプランの提案をいたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

目安の費用(インターンシップ費、滞在費、(授業料)含む)

1カ月プランの場合
30~50万円
3カ月プランの場合
45~60万円
6カ月プランの場合
100~200万円
12カ月プランの場合
150~350万円

よくあるご質問

インターンシップへ参加するにはどれくらいの英語力が必要ですか?
求められる英語力はインターンシップ先とプログラムによります。希望するインターンシッププログラムに参加すための英語力が満たない場合、または自信がない場合は、事前の英語研修をつけ加えることが可能です。
期間やロケーション、ご予算に応じてご案内いたしますので、直接ご相談ください。
インターンシップでは、実務経験が必要ですか?
実務経験が必要とされるインターンシップと、未経験でも受け入れ可能なインターンシップの種類がございます。こちらもプログラムによりますので、まずはこれまでのご経験をお聞かせくださいませ。尚、海外でのインターンシップはアルバイトやボランティア経験も認められることが多くあります。
学生さんでも参加しやすいものもございますのでご安心ください。
職種や業種を選ぶことはできますか?
インターンシップ先を決める際には、企業側も参加者の英語力と実務経験、やる気をチェックします。参加者のみが企業や職種を選ぶのではなく、双方の合意のもとにインターンシップ先が決定いたしますので、一方的に選ぶことはできません。ただし、多くのプログラムにおいて、優先順位をつけて頂き、いくつかの希望を出して頂くことができます。
インターンシップの経験を履歴書に書くことはできますか?
帰国後の就職・転職活動の際には、もちろんインターンシップの経験を記載することが可能です。企業によっては、修了証書を発行して頂けるところもございます。
参加において、ビザなどは必要ですか?
プログラムにより異なりますが、多くのプログラムにおいてビザ申請が必要となります。お申し込み後にはビザサポートも行っておりますので、ご安心ください。
滞在先はどのようになりますか?
インターンシップ期間中の滞在先の手配を希望される場合は、弊社にてお手配が可能です。
参加費用はいくらほどかかりますか?
インターンシップへの参加費用は各プログラムにより異なります。資料中にあるサンプルプランは一定期間の学校を含めておりますので、学校の有無、期間により変動いたします。ご予算に合わせて相談をさせて頂きますので、詳しくはご来社若しくはお電話にてご相談くださいませ。
どのくらい前に申し込む必要がありますか?
プログラムや国により異なります。インターンシップを含んだプランの場合は、事前に現地企業との確認やビザ申請が必要になることが多いため、カ月~年ほどの準備期間があった方がよろしいかと思います。留学の準備は出来るだけ早めの方が、予算調達や英語勉強もはかどりますので、出来るだけ早めのご相談をお勧めします。
帰国後の就職サポートなどはありますか?
私共ではご出発前から就職や転職を見据えたキャリアカウンセリングを行いながら、最適なプランを提案しております。企業紹介は行っておりませんが、ご帰国後、希望者には就職活動の仕方、就活において留学やインターンシップのアピールの仕方、スキルの棚卸や自己分析を共に行い、最大限留学とインターンシップを活かすことができるようサポートしております。

ご出発までの流れ

海外インターンシップのプログラム一覧

 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン