Niagara College ~自然豊かな街で本格的にワインについて学ぶ~

学校案内

世界最大級のナイアガラの滝を要し、自然豊かな立地を活かしたワイン造りやビール醸造、また観光が盛んな街にあるカレッジです。中でもCanadian Food and Wine Instituteという学部はこの土地ならではの産業からできた分野です。学校のキャンパス内にビール醸造所やブドウ畑、ワイナリー、カフェやレストランなどを持っており、学生たちが造るワインやビールは学校の名前で販売されています。

コースについて:ワインビジネス マネージメント(Wine Business Management )

約1年間でワインの作り方やワインビジネスについての一通りを網羅するコースとなっています。ワイン造りやワインビジネスを学ぶカレッジとしてはカナダの中では老舗の学校です。キャンパス内にブドウ畑や醸造所があり、整った環境の中で実務的な内容を学ぶことができます。
入学には一定の英語力が求められますので、留学生は事前に英語を学ぶコースを受講することが望ましいです。英語力によって、英語コースと併せて1年以上の学習期間が必要となります。
コース紹介ページ:https://www.canadianfoodandwineinstitute.ca/cfwiprograms/wine-business-management/courses/ 

授業例:
-Wine Tourism and Tasting Room Management(ワイン観光・テイスティングルーム運営)
-Wine Production(ワイン造り)
-Wine Marketing and Consumer Behavior(ワインビジネス)
-Winery business management and Regulatory Environment(ワイナリーの環境と運営)
-Project Management(プロジェクトマネージメント)
-Finance and Logistics(経営と物流管理)
-International Trade and Export Development(国際貿易と輸出)

※その他のワイン関連コース:
・Winery and Viticulture Technician Diploma (約2年間)
ワイン生産者、ソムリエ、セールスマネージャー、ワイン生産技術師などを目指す方向け

・Wine Making I -Certificate of Achievement- パートタイムコース (約半年間)

キャンパスについて

ナイアガラの滝付近に2つのキャンパスを持ち、ワインについて学ぶコースはOn the Lakeキャンパスにあります。キャンパス内にはワインを作るための約40エイカーのブドウ畑や湿地帯、草原、庭園などがあり、自然豊かな環境です。またカナダ最大の街トロントやバスや電車で約2時間、ニューヨークまではバスや電車で8~9時間です。

お勧めのポイント

*日本にはない珍しいコース
*大都市トロントに比較的近く便利な環境
*仕事に直結するワインビジネスのノウハウを学ぶことができる
*自然豊かな環境で落ち着いて学べる
*ワイナリーの多い土地でワインビジネスを学び、インターンシップに繋がる可能性も

プログラム詳細

エリア:カナダ東部(ナイアガラ)

学校名:Niagara College (ナイアガラカレッジ)

参加条件:
・高校卒業以上(コースによっては大学卒業以上)
・語学レベル:TOEFL iBT 79, IELTS 6.0~(※語学力が足りない方は事前の語学コースからスタート)

必要なビザ:
・学生ビザ

概算費用:
・コース授業料:CAN$12,750(約120万円)/年間 
・英語コース:CAN$5,710(約50万円)/4カ月
・滞在費:CAN$3,640(約30万円)/4カ月 (学生寮)

入学時期:
・年間3回:1月、5月、9月~

※コースの内容と期間によって異なります。
詳しくは専門カウンセラーにお問い合わせください。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン