留学体験談

アメリカ アート系大学進学 in Boston & New York

留学先
アメリカ カリフォルニア+ボストン+ニューヨーク
氏名
T.Yさん
年齢
30歳
参加プログラム名
Pine Manor College+Pi Art School+Pratt Institute
滞在期間
約5.5年間
滞在方法
ホームステイ・寮
性別
男性

留学をした目的、きっかけは何ですか?

人生の中で一度、他文化に触れておきたいと思い留学しました。特に映画が大好きでしたので、最初はロスアンジェルスに滞在しアメリカのエンターテイメント文化を触れておきました。一度は映画の道を志しましたが、色々な分野のことを調べているうちに芸術全般を極めたくなり、思い切ってボストンに移り学部をArt全般に変更しました。

渡航国、都市の雰囲気はいかがですか?

ロスアンジェルスは活気に溢れておりエンターテイメントの中心地の様相を呈していました。特にハリウッド地区は有名なシアターやユニークな博物館(ハリウッドセレブの蝋人形館、ギネス記録の展示)などがあり、日本にはない独特の面白さを持った街でした。

ボストンは古き良き古風な街並みであり、植民地時代の名残を残す歴史的な街でロスアンジェルスとは全く異なっております。様々な美術館もあり有名な絵画や彫刻を鑑賞できるのでアート留学するには有力地だと思います。

Pine Manor Collegeについて、学校や生活面にて印象に残っていることは何ですか?

小規模な学校なので教授との距離が近く親身に相談に乗ってくれました。英語力が乏しくエッセイを書くのが不安でも、先生方がしっかりと文章の書き方を個別に教えてくれます。 また勉強に必要な設備(図書館や自習スペース)もしっかりと完備されているので学習はしやすい環境だと思います。私は芸術学部なのでアート棟をよく利用していました。アート棟は作品制作に必要な設備が揃っているので自分のしたい事に打ち込めました。しっかりと勉学に打ち込みたい人には良い環境です。

Pi Art Schoolについて、学校や生活面にて印象に残っていることは何ですか?

6週間のintensive courseに参加したのですが、24時間アート以外は考えられないほど忙しかったです。

Pi Art Schoolについて、今回参加された6週間Intensiveコースはいかがでしたか?

上記に記載の通り24時間アート漬けの日々でした。しかしアメリカの名門美大への合格を勝ち取るためのノウハウの伝授や、アート初心者でも美大入門に必要レベルの技術(デッサン、ペインティングの基礎等)をしっかりと叩き込んでくれます。通常、数ヶ月は要する美大入学のためのアートポートフォリオ制作をわずか六週間で済ませ、なおかつアーティストに必要な技術や態度を学べる良いプログラムでした。忙しい日々でしたが、あっという間に終わってしました。このキャンプで学べることは美大入学後でも生きてくる事だと思います。

留学で苦労したことは何ですか?そして、それをどのように乗り越えましたか?

英語に自信がなく最初のうちは本当に苦労しました。文章も上手くかけなくコミュニケーションも全然出来ませんでした。それでもせっかくアメリカにきたので積極的に英語の文を読む(web newsや興味のある事に関した雑誌など)、アートの授業で自分の作品のプレゼンテーションは絶対に休まず、公共の場で自分の意見を英語ではっきり述べる練習をしました。Pine Manor collegeは留学生に親密に接してくれる学校なので、立ち向かう勇気があれば、英語の問題は克服できます。正直今でも英語は勉強中ですが、昔ほどの苦労は無くなりました。

余暇の過ごし方について教えてください。

課題をこなす。美術館にいって感性を磨くなどしております。また映画館にもよく行きます。アメリカは過去の名作を劇場でリバイバル上映することがあります。大好きな作品をビッグスクリーンで鑑賞できるので映画好きの私には有難いことです。「千と千尋の神隠し」を劇場で鑑賞できて嬉しかったです。

大まかな一日のスケジュールについて教えて下さい。

起床時間→ 10:00
学校スタート→ 10:20
昼食→ 12:00
午後授業若しくはフリータイム→ 1:00 – 4-00
夕方以降→ 4:15 授業
夕飯→ 6:00
宿題時間→ 6:00-10:00
就寝→ 12:00

言語力の向上について教えてください。

渡航前:英語力皆無
渡航後(現在):TOEFL 84

会話力について:日常生活は問題なし。授業で自分の意見を述べることはできる。

これまでの留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

まだまだ序章が終わった感覚です。来年から念願の有名美大(Pratt Institute, Digital Arts–Interactive Arts学部)に入学が決まりましたので、気を引き締めていきたいと思います。

これから更に頑張りたいことや、帰国後・将来の目標があれば教えてください。

上記の通り、憧れの大学でやりたいこと専門的に勉強できるので幅広く色々と学んでいきたいと思います。
将来はフリーランスで自分のアート作品を制作して世に発表できるような存在になるのが目標です。日本とアメリカ、両国で働ける人材になります。

なぜ弊社をお選び頂きましたか?

今日においても留学とは未知数な部分もあり、何から始めればいいのか分りませんでした。インターネットの御社ホームページを拝見した際、多くの方が御社を通じて留学を成功させていることを知りました。その実績を信頼して御社を選ばせていただきました。

カウンセラーの対応はいかがでしたか?

とても親切に対応していただきました。帰国するたびに毎回カウンセリングに乗っていただいています。次にアメリカに戻る前にしておくべきこと(学校への手続き、日本でしておくべき申請など)を的確にアドバイスをいただけるので、留学中もトラブルに見舞われる事なく留学生活を送れました。

今後留学される方へアドバイスなどあればお願いします!

異文化に触れてみたい人にはオススメです。しかし留学中は遊びや危ない事への誘惑も多いので、「何をしたくて留学するのか。海外でしか出来ない事をしたいから留学するのか。」などの目標を明確にしてから、留学のプランを練った方がいいと思います。またやるべきはしっかりやる(学校の課題等、授業に遅れない等)、出来ないことはしっかり断るなどの自主性も、日本とは違う環境で生活する上で重要です。情報だけでは捉えきれない実態も多くあるので、留学する前に一度、候補地を自分で見学に行ってみるのもオススメです。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン