留学体験談

アメリカ留学体験談 ~”クリティカルシンキング”が必要だと感じた留学~

留学先
ニューヨーク・アメリカ
氏名
K.H.
年齢
26歳
参加プログラム名
TOEFL対策コース
この参加プログラムの情報を見る
滞在期間
2007年2月から6週間
滞在方法
寮(YMCA)
性別
女性

学校の様子、授業内容について

学校の場所はマンハッタンの中心部、エンパイヤステイトビルの隣あり、通学にはさほど不便さはなかった。学校は3Fと6Fの2つに分かれており、それぞれレベルによって分けられている感じであった。日本人のコーディネーターはおらず、自分の担当は中国系アメリカ人であった。授業内容はTOEFLのIBTに対応した内容であり、読む、話す、聞く、書くという4技能を伸ばすことを目的としていた。学校内に売店があり、ちょっとしたご飯からコーヒーなどいろいろと買えることができた。

学校で大変だと感じたこと

まず、すべてにおいて時間がかかりすぎることが自分の難点であった。リーディングのスピード、ライティングの時間内での書き終え等、時間との戦いが大変。また、リスニングはメモを取っていいところがIBTの特色であるが、メモを書く際にリスニングが聞き取れない、つまり、聞きながら書くという動作に苦労した。また、IBTはある程度「型」(ライティングの書き方など)はあるが、自分の発想力が試されることがかなりある。そのため、日ごろからの批判的考え(クリティカルシンキング)が必要だと感じた。

滞在先について

滞在先はYMCAで、簡単に言えばホテルのような感じであった。もちろん、日本ほどきれいに管理されているわけではない(私には汚いという印象はないが)。さらに、バス、トイレは共同。料理をするスペースはないが、電子レンジが1台置いてあった。また、プールやフィットネス設備が併設されており、滞在者は無料で自由に使うことができる。料理をするスペースがなかったので、あればもっと便利だと感じただろう。滞在している人は様々な国から来ており、それがYMCAの1つの特色であると思う。

今回の留学の総評

学校の先生はブラジル出身であったが、ネイティブを超える文法の知識、ネイティブと同様、あるいはそれ以上の英語力を持っており、素晴らしい先生に出会えたと思っている。ただ、2,3月のニューヨークは厳寒期であり、かなりの防寒具などが必要であると感じた。6週間という短い間であったが有意義に過ごせたのではないだろうか。

弊社の対応について

留学時期まで期間が少ないにも関わらず、時差が14時間あるなか、迅速に対応していただいた。感謝申し上げます。また、ご相談をしやすい環境を作っていただき、自分がどうしたいかはっきり伝えることができた。あわせてお礼申し上げます。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
edujapan スタッフ募集ページ
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン