留学体験談

カナダ親子留学体験談 ~M様ご一家~ Report Vol. 3

留学先
カナダ・チリワック
氏名
M様&息子(11歳)さん&娘(9歳)
年齢
40歳
参加プログラム名
カナダ親子留学プログラム
滞在期間
1年間
滞在方法
アパートメント(自己手配)

日々の生活の様子

平日は朝六時くらいに起き、子供のお弁当の用意をします。カナダでは(学校によって違うかもしれませんが)お弁当の時間の他におやつの時間が午前、午後と二回あるので、お弁当はサンドイッチを、午前のおやつにはおにぎり、午後は果物を持たせています。お弁当ができたら、子供達と朝食を取り、8時すぎに子供達と家を出ます。 カナダでは、学校への送迎は必ず親がしなくてはいけないので(高学年は子供だけで登下校している子供達もいます)、登下校時の学校周辺は車でいっぱいです。子供たちを学校に送ったら大抵の親はそのまま帰りますが、私は今学校の図書室のお手伝いをさせていただいているので、そのまま図書室に向かいます。お昼には帰宅し、家事や用事を済ませ、二時半の下校時に子供達を迎えにもう一度学校へ行きます。学校から自宅は徒歩5~6分のところなので、行き来も大変ではなくいい場所にアパートを見つける事ができてよかったです。

学校でのおやつについて

小学校のおやつについてもう少しお伝えしたいと思います。小学校にはポテトチップスやナッツバーのような普通のお菓子を持ってきている子もたくさんいますが、果物を持参する子も多く、オレンジを小さく切ったものや小さめのサイズのりんごを丸1個持ってきて、皮ごと食べている子もたくさんいます。 驚いたのは授業中におやつを食べてもいいことです。みんなおやつをボリボリ食べながら、授業を受けています。午前中は決まった休み時間はなく、ランチ前に運動場で遊ぶ休憩時間(35分間)と午後の15分の休憩となります。(休み時間は学校によって違うようです)。

放課後の様子

放課後は曜日によって過ごし方が異なります。まず子供達は二人ともサッカーのスプリングリーグに参加しているので、週に一度試合があります。男の子のリーグと女の子のリーグは別の曜日なので、週に二回サッカーに行っています。時間は一部(5:45~6:50)と二部(7:00~8:05)に分かれていて、週によって時間が替わります。二部の時は先に夕食を済ませてから、サッカーに行きます。その日は帰ってくると八時半を回っているので、子供達はお風呂に入って寝ます。 習い事がある日はほとんど余裕がありませんが、それ以外の日は比較的ゆったりとしています。 日本では子供達は習い事のない日は、家に帰るとランドセルだけ置いて、またすぐに遊びに行くという感じでしたが、こちらでは12歳以下の子供が保護者なしで出歩く事ができないため(11~12歳はグレーゾーンのようで子供達だけで遊んでいる子も少数ですが見かけます)、日本のように毎日友達と外で遊ぶという事はなかなか出来ません。前もって約束をし、友達の家を行き来して遊ぶという事はできますが、その場合も親の送り迎えが必要です。

一日の終わり

こちらは今の季節、日が長いので夜9時すぎまで明るいです。そのため、子供達はまだ遊んでいてもいいような気持ちになり、つい寝るのが遅くなってしまいます。子供は毎日10時位に寝て、私はそのあと家事の残りをしたり、メールをチェックしたり本を読んだりして12時頃寝ます。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン