留学体験談

カナダ留学体験談 〜ビクトリアでTESOL(英語教授法)を学んで来ました!〜

留学先
カナダ・ビクトリア
氏名
T.K.
年齢
27歳
参加プログラム名
TESOL(英語教授法)+実習
滞在期間
2008年11月~18週間
滞在方法
ホームステイ
性別
女性

学校の様子・授業内容について

学校は出欠にとても厳しかったが、一クラス8人と5人で小さかったので良い環境でした。学校は英語学校ではなくビジネスの専門学校だったので、学生の意識が高く、先生も英語学校の先生よりやる気があり親切でした。授業は難しくも簡単でもなくちょうど良いレベルでした。

学校で一番印象に残っていること

先生とクラスメイト。先生は3人いてそれぞれ個性があり、授業は楽しく参加できたこと。クラスメイトもみんな個性的で、2、3ヶ月、毎日会ってとても仲良くなれたこと。

学校で大変だと感じたこと

始めてクラスメイトの前で先生役になり30分の授業をしたこと。緊張して準備をしていってもうまくできなかったこと。と、TESOL (英語教授法) for Adultの最後の課題「UNIT PLAN」を作ったこと。一週間分の授業プランを作るのが大変でした。

滞在先の様子や家族構成・ルームメイトなどについて

ホームステイ先は年配のご夫婦でしたが、とても親切できれいな大きいお家で英語もチェックして下さり、快適に過ごすことが出来ました。お昼は含まれていないはずですが、毎日ランチも作って頂けました。

滞在先での感想

あっという間の4ヶ月間でした。ビクトリアは小さい街でバンクーバーと比べるとアジア人も少なく、英語の勉強にはよい街だと思いました。18時にはお店が全て閉まってしまいますが・・・。

今回の留学の総評

2ヶ月間 TESOL for Adult、1ヶ月間 TESOL for Childrenを学んで、1ヶ月間Practucum (実習)をしましたが、その月にPracticumをする学生は私だけでした。あまりPracticumは人気がないようです。2.3週間は有意義でしたが、4週間は長いと感じました。

EDU*Japanを選んだ理由・要望

今回の留学にかかる料金などを明確にして下さり、たくさん留学エージェントがある中、信頼できると思ったからです。担当者はどんな質問にも答えて下さり、安心して行くことができました。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン