留学体験談

イタリア留学体験談 〜お料理とイタリア語の組み合わせ。「おけいこ留学」〜

留学先
イタリア・フィレンチェ
氏名
H.S.
年齢
40歳
参加プログラム名
イタリア料理レッスン(語学レッスン付き)
滞在期間
2週間(2009年3月8日~3月21日)
滞在方法
ホームステイ
性別
女性

学校の様子・授業内容について

まず、ロケーションがとても良く(小さな広場に面している)、学校の雰囲気も良くリラックス出来る感じでした。
イタリア人の国民性もあるかと思いますが、みんなとても親切で感じの良い方ばかりでした。日本人の生徒さん同士もみんな仲良く、情報交換をしたり、学校の後、一緒に出掛けたり困ったことがあると、助け合い、とフレンドリーでとても居心地が良かったです。私は他の皆さんに比べて、とても歳が離れているのにもかかわらず、仲間にいれてくれて、一緒に楽しむことが出来て、ありがたかったです。

授業は他の学校を知らないので、比べようがないのですが、毎日笑いが絶えず、楽しい雰囲気で、勉強できました。パソコンを使ってその情報から、会話をふくらませるとかが多かったです。




学校で一番印象に残っていること

語学学校で学ぶのを始める時期や期間が、それぞれみんなまちまちなので学校が終わりの人の為にパーティの話がどこからとも無く出て夜、みんなでアペリティーヴォに繰り出したことです。

学校で大変だと感じたこと

先生は当然のことながら日本語は出来ないので、解らない所を日本人の生徒同士で教えあう、ということはありました。突っ込んだ質問をしたくても、その答えのイタリア語が理解出来ないということはあります。

イタリア料理レッスンについて

とても楽しくて、また是非やりたいです。

日本では時間を1:30から3:30とうかがっていましたが、実際はいつも5:00近くまでやってくださいました。毎回5品は作り、私は生徒が一人の完全マンツーマンだったので(語学学校で一緒で、私より前に料理のレッスンを受けていた女の子は3人だったそう)作った時、全て味見で食べ、残ったお料理も全部持ち帰ったので、フィレンツェでは毎日、自分の作った料理を食べてました。なので、週2回だったのですが、それ以上だと、作ったものを食べ切れなかったです。

最初のレッスンの時に日本人のアシスタントの人が途中までついてくださったのですが先生が次回からはアシスタント必要?と聞くので、料理を作る時くらいのイタリア語はなんとかなりそうだったし、アシスタントの方にも気を遣ってしまうので、 2回目からは先生と2人でした。

教わったお料理は、高級イタリアンで出されるようなものではなく、家で普段に作って食べているようなものにしました。次は何を作りたい?と必ずリクエストを聞いてくれますが、そう言われても判んないなぁ・・・いう感じで、デザート、肉料理、パスタというざっくりとしたリクエストでした。前にレッスンを受けてた人にシーフードが美味しかったよ、と聞いて、それにしたり。特にレシピのプリントを用意してあるわけではなく、先生の作るのを見て、メモをとる、というやり方でした。 2人だったこともあり、とても気楽な感じで、ワインを飲み楽しく食べながら料理を作りました。

そんなわけで毎日の食事はレッスンで作ったものにあとは野菜やターボラカルダ(こちらのデリカッテセンのような所で、そこでカジュアルな食事もできる)でいかにも、お惣菜といったおかずを買い足して、それで充分でした。リストランテに行く機会が無かったのですが、最後のレッスンの日に先生が夕飯に連れて行ってくださるとのことで、夜、待ち合わせをして出掛けました。

イタリアで習ったお料理や、ターボラカルダのお惣菜を、こちらでも手に入り易い材料で(今なら旬の筍や菜の花など)またオイルを少なめにして食べやすくしたりアレンジして私オリジナルレシピに日々挑戦してレパートリーを増やしています。どれも家族に、美味しいと評判が良いですよ!

滞在先の様子や家族構成・ルームメイトなどについて

学校からは5分くらい、フィレンツェは小さい街ですが、街の中心へも10分くらいで行かれ、最近のガイドブックなどにもよく紹介さ れている地域で古い綺麗な通りで最高のロケーションでした。

滞在先の方は50歳代の姉妹が2人と、うかがっていましたが一人の方は旅行中でお留守でした。居らした方も仕事をなさっていて、家にいないことも多く留守宅で一人、気楽でした。

部屋は普通のホテルの部屋の3から4倍はある広さで古い家なので天井も高く、お城の部屋のようでした。また、恵まれていたのは、部屋にプライヴェートのバスルームがあったのでその点も気兼ねすることなく使えて良かったです。家のパソコンも何時でも使って良い、と言ってくださり、ありがたかったです。こちらが話し掛けない限りは放っておいてくれてその距離感も良かったのかな、と思います。


ステイ先はそんな訳で、とても恵まれていたし、学校の仲間にも恵まれ、とても満足です。またフィレンツェという街の空気も、大都市のように慌しくなく素敵な時間を過ごすことが出来ました。

今回の留学の総評

2週間では語学が進歩したとは、正直全く感じませんがイタリア語の空気にどっぷり浸かっていられるのはやはり日本では経験出来ないことです。

ステイ先の部屋に帰っても絶えずテレビを点け、イタリア語を耳にするようにしていました。イタリアの人達は本当にみんな親切で、まず「イタリア語を話すの?」と聞いてきます。そこで、「少し」と答えると、いよいよ、もっと親切にしてくれます。学校でも、歳の離れた友達もでき、(みんな、ある意味同じ目標というか、同じ方を向いている人達なわけですから)話も弾んで楽しかったです。

本当に素晴らしい経験が出来たと思っています、行って良かった!これを最後といわず、また是非行きたいと思っています。

EDU*Japanを選んだ理由・要望

今回の担当者だったこともこの短期留学を即決できた要因のひとつだったと思っています。会社へ伺った時も、とても楽しくリラックスしてお話出来、素敵な方にめぐり合うことができて、本当に良かったです。

知り合いのブログに貴社の広告が張り付いていたのをみてアクセスしたのが元です。そこで、短期留学、料理レッスン、を扱っているのを見て実は貴社に伺った時点では、他社と比較などもしていなくて、決めてから、他社のホームページを見たりしましたが私が希望するプログラムを持っていなかったり、また料金の面でもやはり、こちらにお世話になるのが良いと判断しました。

本当に今回は御蔭様で素晴らしい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン