留学体験談

カナダ留学体験談 ~ビクトリアでの高校留学~

留学先
カナダ・ビクトリア
氏名
C.N.
年齢
21歳
参加プログラム名
カナダ高校進学プログラム
滞在期間
3年間
滞在方法
ホームステイ
性別
男性

留学を決意した経緯

3歳より、両親の仕事で毎年夏にカナダに1ヶ月ほど滞在していた為、海外生活への抵抗がほとんどなかった。海外進学は、最初に両親から日本の高校よりもカナダの方が教育環境が良いのではと聞き、ひとつの選択肢として検討。両親とも相談し、最終的にカナダへ留学することを自分で決意。

日本と違うと感じた点・苦労した事など

生活・学校に慣れるまではやはり英語が一番大変だった。ESLで学んだり、家庭教師をアレンジしてもらったりして、何とかついていった状態。家庭教師は続かなかったが、英語は生活しながら自然と身についた。ハイスクールへ移った後は、留学生はアジア人が多く、同年代で日本人が3-4人程度。カナディアンの友達を作るのにはとても難しかったが、体育の授業や趣味(サッカーなど)を通じてだんだん仲良くなっていった。また、高校のときは、英語や勉強のことを考えて、極力日本人の留学生とはつるまないように気をつけていたことも、英語力が早く伸びたことにつながっていると思う。 苦労している点ではないが、自然が好きで、治安も良いことからビクトリアを選んだが、田舎町なので、バスも少なく、夜は真っ暗。また、遊ぶ場所や行くところも限られている為、日本人の留学生は飽きてしまう人も多く、バンクーバーへ移動する人も少なくない。自分は、サッカーなどのアウトドアスポーツや友達との交流、自然を楽しむことができているので、ビクトリアの生活は合っていると思うし、滞在する環境は、人により合う・合わないがあると思う。

高校から留学して良かったと思うこと

英語を使えるようになり、視野が広がったこと。良いところも悪いところも、外から日本を見ることができるようになった。また、誰にも頼らず一人でクリアしなければならないことが多いため、心身ともにタフになった。親や周りの人に感謝する気持ちが生まれ、 人に対して優しくすることができるようになったような気がする。

将来の抱負

勉強が嫌いだったので、時間がかかってしまったが、大学まで入れたことはとても大きいと思います。(現在ビクトリア大学に在籍中)まずは大学までしっかり卒業し、カナダの生活を生かしてIT関係の仕事に就職できればと考えています。カナダでOPT制度があるので、まずはカナダで就職を目指したいと思います。

これから留学する人へのメッセージ

やはり英語が上達するまでの期間は苦労は大きく、渡航までになるべく勉強することはもちろんだが、渡航後も積極的に話たり勉強したりする心構えが必要だと思います。また、友達を作るにも、趣味があると大きなきっかけになるのでスポーツや音楽、楽器など、何か得意なものや趣味を見つけておくことをお勧めします。また、海外では、生活も勉強も自分次第でよくも悪くもなるので、人に流されない強さや、自分の意思をはっきり持っておくことが必要。高校では、文句ばかりで勉強についていけなかったり、問題を起こして帰国してしまう留学生もたくさんいた。時々ですが、先生や生徒の中にはアジア人に対する差別や偏見があることもあり、留学生の中には、それが理由で退学や帰国した人も。高校の留学生は、日本人でグループになってしまい、日本と同じように生活しようとして結局適応できず挫折してしまう人も多いので、何かあったときに現状に悲観したり、人のせいにするのではなく、自分で解決する努力をすることや、抱え込まず人に相談することがとても大事だと思います。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン