留学体験談

ロサンゼルスで英語+ダンス+サーフィン

留学先
アメリカ・ロサンゼルス(ビバリーヒルズ)
氏名
T.A.
年齢
28歳
参加プログラム名
ロサンゼルスで英語+ダンス+サーフィン
滞在期間
1週間
滞在方法
性別
女性

渡航国、都市の雰囲気はいかがでしたか?

  • 明るい
  • ビーチがきれい
  • フレンドリーな人が多い

イメージ通りの街でした。

学校生活の様子や思い出に残っていることは何ですか?

語学学校には日本人スタッフの人もいてダンスやサーフィンの手配も全てそこでしてくれていたので、時間の融通もきき、安心して通うことができました。

授業も日本人が半数以上を占めていましたが、他の国の人とも話せる機会もあり、楽しい時間となりました。たったの一週間でしたので、特に困ってこともなく過ごすことができました。

滞在先の様子

私の他に日本人が 5人いて、他はロシア人の子とフランス人の子が一人ずつというメンバーでした。時期的に日本人が多いとのことでしたが、一緒に生活する上では日本人がいた方が私にはちょうど良かったのかもしれません。

場所もビバリーヒルズという治安のよい場所だったこともり、夜に一人でショッピングモールへお買い物にでたり、散歩をしたりすることもできました。

 

寮での生活はいかがでしたか?

寮の子と学校の子(ほとんど面識のない子達でしたが)で、寮のリビングを使ってスモールパーティーをしたことが、寮生活の中で一番楽しかったです。そこでロシア人の子とフランス人の子とたくさん会話ができて、英語を話すことにだいぶ慣れたと思います。

今回の留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

今回は一週間というとても短い期間で語学とダンスとサーフィンをやりたいという欲張りプランでしたが、海外教育研究所のスタッフや現地のスタッフの方々のおかげで実現することができました。そして、充実した楽しい時間を過ごすことができました。

現地では,安全に移動ができるようにと、最初は車でダンススタジオとサーフィンをするビーチまで案内していただきました。そうしたサービスもとても素晴らしかったです。

 ダンスは、有名なダンサーも通うスタジオでレッスンが受けられて、とても良い刺激となりました。サーフィンはプライベートレッスンなので、サーフィンと英会話両方とも上達した気がします。私にとって宝となる一週間になりました。

弊社カウンセラーの対応はいかがでしたか?

以前、ある冊子に海外教育研究所の広告が載っていて、いつかお稽古留学でお世話になろうと思い、その冊子をずっと持っていました。
親切で、丁寧で、とても感じがよかったです。なんでも相談できました。
 

 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン