留学体験談

カナダ親子留学体験談 ~M様ご一家~ Report Final

留学先
カナダ・チリワック
氏名
K.M様&息子(11歳)さん&娘(9歳)
年齢
40歳
参加プログラム名
カナダ親子留学プログラム
滞在期間
1年間
滞在方法
アパートメント(自己手配)

一年間の滞在を終えて

時が経つのは本当に早いもので、あっという間にカナダ滞在の一年間が終わり、帰国後、はや一ヶ月が過ぎようとしています。子供達も日本の学校で新学年の新学期を迎え、すっかり元の日常に戻りました。今振り返ると、昨年一年カナダで過ごしたことが夢のようにさえ思えてきます。

ただ、やはりカナダに行ってきたんだと実感するのは、子供達が英語のマンガに夢中になっている時、英語のテレビを見て笑っているとき、英語の歌を歌っている時などです。これは本当に大きな変化でカナダに行く前は当然ありえない事でした。もちろん彼らの英語は未熟なもので話す方ではまだまだ不自由を感じていますし、語彙力も乏しいものですが、それでも日常の会話で自分が言われていることは理解できるようになったんじゃないかと思います。


思えば、去年の今頃は英語がまだほとんど何も理解できずに現地の学校に行き始めたとばかりでした。あの頃、子供達は本当に大変だったろうと思います。ただ、二人とも、一度も、学校に行きたくないとは言いませんでした。これは二人の頑張りによるところも大きいと思いますが、それ以上に、二人がまわりの友達、先生に本当に恵まれたためだと思います。それは子供達だけのことでなく、私にも言えることです。
今思うのは、結局こういった体験が成功したと感じるか否かは、どんな人たちと出会ってどう過ごしたかによるものだと思います。

学校の先生たちや友達、スポーツを通じてのコーチたちや友達、またその家族たち、家庭教師の先生、そして、現地に住まれている日本人の方たち。

終わってみると、私たちにとって、こういった方々に出会えた事がなにより大事な思い出となりました。またこれらの出会いを通じて、子供達も私も本当にさまざまな経験をすることができました。


もちろん、悩みやトラブルはたくさんありましたが、すべてが終わった今、振り返ると良いことばかりが思い出され、そういった困った体験は記憶からどんどん消えていくような気がします。子供達も大変なことも多々あったはずなのに、カナダに滞在できたことを、幸運だったと考えているようで、行ってよかったとよく言っています。

もしかしたら子供達は、英語はすぐに忘れてしまうかもしれません。でも、これらの経験は子供達にとって、何ものにも変えがたい貴重な財産になると私は信じています。


最後になりますが、この場を借りて、私たちのこの滞在に、協力し、理解してくださった方々、家族や友達、そして何より、この機会を与えてくれた主人に、感謝したいと思います。皆さん、本当にありがとうございました。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン