留学体験談

社会人の語学研修 in ボストン

留学先
アメリカ・ボストン
氏名
正部祐季
年齢
26歳
参加プログラム名
社会人語学研修 in ボストン
滞在期間
2011年 05月 15日から 4週間
滞在方法
ホームステイ
性別
男性

渡航国、都市の雰囲気

古い街並が印象的だった。訪れるべき場所も多くあり週末の活動も暇がなく楽しめた。

DowntownとSuburban areaがはっきり分かれていて暮らしやすそうな街だと感じた

学校生活の様子や思い出に残っていることは何ですか?

毎週新たな生徒が世界中からやって来、話を出来るのは刺激的だった。彼らは目的意識をしっかりと持って学びに来ていたし、これから彼らの様な人たちと渡り合ってビジネスをやっていかなければいけないんだと身が引き締まった。

週末hangoutして飲み歩いたのも良い思いでです。

ホームステイについて

常に数名、研修者を受け入れている様子だった。 オープンなホストファミリーの方たちで気を使いすぎることなく過ごすことが出来た。

到着したときにはフランス女性1名、ブラジル男性1名がすでにルームメイトとしており彼らも暮らしを助けてくれた

Backyardでバーベキューをしたり、バスケットボールやホッケーを観戦したりと毎日楽しかった。

今回の留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

アメリカの生活を知るだけでなく、日本のことを良く考えるきっかけになったと思う。

震災のこと、日本のことを良く聞かれて、今後海外で暮らすためには海外のことを知ることよりも、日本のことを良く知ることの方が重要だと感じた。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン