留学体験談

アメリカ 語学留学

留学先
アメリカ サンディエゴ
年齢
50歳
滞在期間
2011年10月30日~ 期間 4週間
滞在方法
ホームスティ
性別
女性

渡航国、都市の雰囲気はいかがでしたか?

サンディエゴは海辺の街で、明るく開放的です。 メキシコとの国境の街の為、ヒスパニックも多く、広告や案内もスペイン語と英語 両方書かれています。 街は小さくもなく、大きすぎもせず、歩いていて街を楽しむこともできました。 有名な動物園や博物館、美しい海岸、歴史的なホテル見どころも沢山あります。 道が碁盤の目になっており、バス路線も発達しておりました。

学校生活の様子や思い出に残っていることは何ですか? 苦労したことなどもあればお書きください。

自分の子供世代の人達ばかりの中で少し苦労しました。 日本人女性が同じクラスに一人いていろいろ助かりましたが、子供世代の彼女にくっついても迷惑だと思うので ほどほどの付き合いを心がけていました。若い彼らに国境はないけど、年代の壁はありました。 バスが時間通り来なくて困りました。

ホームステイ先の様子や家族構成・ルームメイト

ホームステイ先の家族は弁護士の女性とその娘さんと韓国人のルームメイトでした。 家はコロナドというリゾート地にあり、ぶらりと散歩するには最適でした。 弁護士さんという忙しい職業にもかかわらず、ほとんど一緒に夕食は食べて下さり 友達の家に連れて行ってもらったり、教会の友達を紹介してもらったり、親切にしてもらいました。

ホームステイや寮、アパートでの生活は

部屋は娘さんが以前使っていた部屋で、可愛くベッドも寝心地良かったです。 バス、トイレはもう一人のルームメイトと2人で使用していました。 朝食は冷蔵庫の材料で自分で作り夜は作ってもらっていました。夕食後は紅茶を飲んで、少しホストマザーと雑談したあとに部屋に戻りました。宿題をしたり、日記を書いたりしていました。 洗濯は週に一回洗濯機を貸してもらいました。

今回の留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

1ケ月の滞在では慣れるだけで精一杯で苦労も多かったです。 でもアメリカの現状、いろいろな国の人との出会いでそれぞれの国事情も知り、とても勉強になりました。 どれも素晴らしい経験でした。

カウンセラーの対応はいかがでしたか?

亀井さんとは、丁寧に対応して頂き、全く留学の知識がなく不安でしたが、 細かいところまで教えて頂き安心して出発しました。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン