留学体験談

オーストラリア パース語学留学

留学先
オーストラリア パース
年齢
22歳
滞在期間
2011年 10月 08日~ 期間 2ヶ月
滞在方法
ホームステイ
性別
女性

渡航国、都市の雰囲気はいかがでしたか?

オーストラリアには、中学生の時に1度ホームステイしたことがありました。その時 も、温かい人が多いという印象でしたが、今回もそのように感じました。ホストファ ミリーから学校の先生や街の人々まで、優しい方が多かったです。 「日本人が少ない都市に行きたい」という理由からパースを選びました。規模は決し て大きくなく、大都会というよりは地方都市という印象でした。観光地など遊びに行 くところは多くありませんでしたが、その分かえって放課後友達と遊ぶなど普通の生 活を送ることができたように感じます。また、それによって、人々とのつながりを強 く感じられ、私にとっては住みやすく素晴らしい環境でした。

学校生活の様子や思い出に残っていることは何ですか?苦労したことなどもあれば

初めて登校した日は、とても緊張したのを覚えています。当たり前ですが、授業はす べて英語で行われている上、日本の学校とは違い、1人1人がどんどん発言する授業ス タイルだったので、最初はついていくだけで必死でした。しかし、「自分から行動を 起こさなければ、ここに来た意味がなくなってしまう」と思い、クラスメイトに積極 的に話しかけ、授業中も発言するよう心がけました。その結果、さまざまな国の友達 ができ、楽しく充実した学校生活を送ることができました。 苦労したことはスピーキングでした。私は毎日1時間設けられている自習時間に conversation clubという生徒4,5人で会話を行う授業に出ていました。そこでのテー マは、法律や科学など毎回レベルが高く、他の生徒も自分より英語の能力が高い人が 多かったため、劣等感を感じ、行くのが嫌になった時もありました。しかし、日本で はできない貴重な経験だと考え、また他の生徒も私の話す内容を理解しようとしてく れる優しい人が多かったので、毎日必死で通いました。その結果、自分の伝えたいこ とを落ち着いて言葉にすることができるようになったと感じます。

今回の留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

2か月という期間は決して長くありませんでしたが、一生忘れられない貴重な経験が できたと強く感じます。「自分の英語力を強化し、より確実なものにする」という目 的で決めた留学でしたが、それ以上の物をたくさん手に入れられた留学でした。異国 の友達がたくさんできたこと、その友達とお互いの国の文化について話すこと、海外 から見た日本を客観的に知ることができたことなど数えきれません。日本国内にいて は考えられなかったことを実現につなげられたことが大きな喜びです。 旅行ではなく、向こうで生活を送っていたので、毎日楽しいばかりではなく、言語の 壁をリアルに感じ、自分の無力さに涙した日もありました。しかし、帰国した今、あ の2か月すべてが、きらきらした素晴らしい日々だったと思います。

カウンセラーの対応はいかがでしたか?

私が神戸在住ということもあり、電話のみでのカウンセリングでしたが、こちらの要 求を汲みとった上でのアドバイスを数多くいただくことができました。留学直前は不 安が大きかったのですが、本当に頼りにさせていただきました。ありがとうございま した。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン