留学体験談

イギリス ニューキャッスル大学院進学(International Business専攻)

留学先
イギリス
氏名
長谷川恵介
年齢
23歳
参加プログラム名
INTO Newcastle University Graduate Diploma Course(大学院進学準備コース)
この参加プログラムの情報を見る
滞在期間
1年目
滞在方法
性別
男性

渡航国、都市の雰囲気、学校生活はいかがですか?

イギリス、ニューキャッスルはとても治安がよく街の人もとてもフレンドリーなのですぐに馴染むことができます。ニューキャッスルは産業革命のときとても栄えた街でもあり、歴史が街に刷り込まれているような感じがします。ただしニューキャッスルで話されている言葉はジョーディーと言われていて日本で言うと東北弁や沖縄弁のような訛りがあり、彼らが話す英語は僕達が学校で学んできたものとは全く違うので慣れるまでは大変でした。ニューキャッスルの中心地は大学からすぐの所にあり基本的にはなんでも揃います。中華街もあるので日本食も少し高めですが手に入ります。学校へは寮から徒歩で20分ほどかかります。基本的に朝から夕方まで授業があるので昼食は大学構内のカフェテリアで食べるかSUBWAYで食べるかでした。一番驚いたのは大学にバーがあることでした。イギリスの大学では当たり前のようですが昼間からお酒を飲むことができ現地の学生はビールなど飲んでいました。大学の施設は文句のつけようがないほど素晴らしく、図書館には膨大な数の本が並べられていて最初に見たときはこの中からどうやって目的の本を探すんだろうと思ったくらいです。クラスタールームも毎日24時間アクセスが出来、試験前やエッセイの提出日になるとたくさんの学生が集まるので、自然と士気が高まってやる気が出ない日でも勉強しようという気持ちにさせてくれるので、勉強をするには最適な環境だと言えます。また、ニューキャッスル大学はイギリスの大学のうち約20位にランクインしており学生のレベルも高くいつも刺激をもらう毎日でした。私はINTOに所属しており本当のニューキャッスル大学の学生ではなかったのですが普通の大学生や大学院生と同じように全ての施設にアクセスできとても満足の行く学校生活でした。

なぜイギリスの大学・大学院進学を目指そうと思いましたか?

私の場合は日本の大学での成績があまり思わしくなく、アメリカへの進学も考えたのですが、イギリスの大学院はレベルの高い大学院に進学できる機会を設けており私のような人でもハイレベルな大学院に入れる可能性があったのでイギリスを選びました。

これまで約1年間のイギリス大学生活を通して、学んだことは何ですか?

イギリスで学んだことは大きく2つあります。一つ目は、クリティカル・シンキングの重要性です。クリティカル・シンキングと聞いても何をすることなのかさっぱりわかりませんでしたが、今はこの大切さを痛感しています。エッセイを書くときに先生たちが必ず言うのがクリティカル・シンキングを忘れないように書きなさいということでした。クリティカル・シンキングは物事を批判的に見ることだけでなく物事の両面性を見ることにより議論を深めていった上で自分の考えを述べていく過程のことです。クリティカルに書かれていないエッセイは高得点を貰えないため、いつも客観的な目線で偏見やステレオタイプに影響されないように注意しながらエッセイを書いていました。そして二つ目に学んだことは、参考文献の大切さでした。英国でのエッセイは約200単語につき一冊の本を使うことが必要とされています。この目的は、自分だけの意見だけで書いたエッセイは読み手が信じてくれないため自分の意見をサポートしてくれる本を見つけないといけません。これは日本の大学でのエッセイではほとんど求められなかったことなので最初は大量の本やジャーナルを目の前に戸惑うばかりでした。これはイギリスの学校で学んだ一番大きなことでした。たくさんの読書を行った上でエッセイを書くため一度やった科目はなかなか忘れないのも利点の一つだと思います。またこの頭の動かし方を学べたことは自分にとって有益でした。

留学中、大変だったこと、辛かったことは何ですか?

留学中に大変だと思ったところは正直ほとんどありません。しかし最初、着いたときだけはとても大変でした。寮のキッチンは綺麗とは言えず、こんな環境でどうやって料理をするんだろう、こんな汚いお皿や調理器具で料理なんか出来ないと思うくらいでした。最初の一週間はラーメンで凌ぐ毎日でしたが、自分でキッチンを片づけ自分専用の調理器具を買った後はほぼ問題なく暮らすことが出来ました。

将来的にはどのような職業につきたいですか?

将来は、数年の就労経験のあと独立起業をしたいと考えています。まだはっきりとしたアイディアはないのですが、タイミングやチャンスが訪れた時のために今からゆっくりと準備をしています。

これから大学進学留学する人へのアドバイス。

日本の教育とは全く違うので受け身では学べることはかなり限られてきます。できるだけ積極的に自分を主張することがどんなことより大切だと思います。私はスピーキングにあまり自信がないのですが、それでも気にせずに自分が言いたいことはどんな手段を使ってでも間違いを恐れずに恥じらいを捨てて相手に伝えるようにしています。授業だけに限らず私生活でも自分を主張することが一番大事だと思います。

寮での生活はいかがですか?

寮は小さなフラットを4人から7人ほどの学生でシェアをするのが基本です。キッチン、トイレ、シャワーは皆で使います。私の寮は4人だったんですが、一人だけとてもうるさい人がいたため迷惑でしたが、レポートを繰り返ししたことにより静かになり静かな生活が戻って来ました。部屋には基本的なものは全て揃っているためついたその日から普通に生活をおくることも出来てとても良かったです。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン