留学体験談

アメリカ カレッジ進学 in サンタバーバラ (Santa Barbara City College)

留学先
アメリカ サンタバーバラ
氏名
I. A
年齢
29歳
参加プログラム名
語学留学(Kaplan)→カレッジ進学(Santa Barbara City College)
この参加プログラムの情報を見る
滞在期間
2010年 09月 26日~ 期間 2年
滞在方法
ホームステイ・その他
性別
女性

渡航国、都市の雰囲気はいかがでしたか?

サンタバーバラは、もともと私が中学生の時に短期でのホームステイをしていた街でした。本当に美しい海と山に囲まれ、人はみんな温かい人たちばかりで、楽しい思い出しかなく、勉強するならまたサンタバーバラで生活したいと思い、再びサンタバーバラを選びました。夏は暑すぎず、冬も寒すぎず、本当に一年通して過ごしやすい気候です。人も温かく、夜出歩いても比較的安全な街です。とにかくみんなゆったりと生活をしてる雰囲気ですね。休みの日はみんなビーチバレーをしたり、乗馬やサーフィンをしたり、アウトドア派にはかなりおすすめです。サンタバーバラはもともとスペイン領だったため、街の多くの建物や風景がスペイン風で、裁判所の屋上からの眺めは絶景です。近くには美しいハーバー沿いにたくさんの地中海レストランやリゾートホテルもあり、多方面からの観光客が毎週末のように訪れる街です。東京のような都会暮らしが好きな方は、もしかしたら退屈に思ってしまう場所かもしれませんが、機会があるのであれば人生に一度は必ず住んでおくべき街だと思います。

学校生活の様子や思い出に残っていることは何ですか?苦労したことなどもあればお書き下さい。

9か月間Kaplanに通っていましたが、言えることは同じ期間いた人でも、人によって英語の伸びが全く違うということです。語学学校なので日本人はもちろんいます。時期にも寄りますが。サンタバーバラは比較的少ない方だと思います。でも日本人とばかり一緒にいたりすると本当にここで学ぶ、生活する意味のないものになります。だから私はできるだけ、日本人とは遊ばないようにしていました。家にいるときはできるだけホストファミリーと食事を一緒に取り、会話をし、休日はできるだけアメリカ人の友達や他の国の友達と飲みに行ったり、出かけたりして、そうすることで日本ではなかなか学べないスラングや、遊び方をたくさん学べます。何事も躊躇せず、自発的に行動することが大切ですね。また、サンタバーバラは自然がたくさんあるので、サーフィンを始めたりする人もいれば、乗馬もできますし、カリフォルニアというその名の如く、ワインがとても有名なので、ワイナリーもたくさんあります。LAに比べたら確かに田舎ですが、私は本当にこの街、人が大好きになりました。

滞在先の様子や家族構成・ルームメイト

私はkaplan在学中の間にホストファミリーの家庭の事情により、3家族のホストファミリーにお世話になりました。

① 5人家族 <ママ・パパ・息子(24)・娘(21)・おじいちゃん・犬1匹>
1人部屋/朝・夕食事付
息子さんと娘さんは大学生のため一緒には住んでいませんでした。中学生の時に2週間お世話になってからの知り合いなので、本当のアメリカの家族のような関係です。(笑)
② 3人家族 <ママ・パパ・娘(25)・犬3匹>
シェアルーム with韓国人/朝・夕食事付
初めてのシェアルームだったので、始めは本当に不安でしたが、今では妹のような存在のルームメイトでした。
③ 3人家族 <ママ・パパ・娘(13)・猫2匹>
1人部屋/朝・夕食事付
何も言うことがないほど、最高なファミリーで、この上なく自由にさせてもらってます。好きすぎて引っ越すタイミング完全に失ってます。笑

ホームステイや寮、アパートでの生活はいかがでしたか?思い出や印象に残っていることなどありましたらお書き下さい。

学校の斡旋となると本当に当たり外れはあるようですが、私は本当に環境的に恵まれていました。もちろんアメリカと日本、食文化や生活週間は全くといって違います。特にホームステイをする場合、食事が口に合わないとか、生活ペースの違いでどうしても疑問に感じたり、窮屈に感じたりすることは当然あります。でも私の経験から、英語が話せなくても、彼らときちんとコミュニケーションを取ることがほんとに大事です。彼らもその覚悟で学生さんを受け入れてます。それでも無理だと感じた場合は気持ちをうまく切り替えて次に移りましょー!!笑 なので、ホームステイを希望する場合はあらかじめ短期(1ヶ月ー2ヶ月)の契約をおすすめします。
最初からいきなりアパートに住む子もたまにいますが、最初の方はホームステイを私はおすすめします。現地に住む彼らの生活を肌で感じ、英語上達にもかなり貢献するはずです!!もちろん自分のやる気次第ですが。

今回の留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

9か月間Kaplanに通っていましたが、言えることは同じ期間いた人でも、人によって英語の伸びが全く違うということです。語学学校なので日本人はもちろんいます。時期にも寄りますが。サンタバーバラは比較的少ない方だと思います。でも日本人とばかり一緒にいたりすると本当にここで学ぶ、生活する意味のないものになります。だから私はできるだけ、日本人とは遊ばないようにしていました。家にいるときはできるだけホストファミリーと食事を一緒に取り、会話をし、休日はできるだけアメリカ人の友達や他の国の友達と飲みに行ったり、出かけたりして、そうすることで日本ではなかなか学べないスラングや、遊び方をたくさん学べます。何事も躊躇せず、自発的に行動することが大切ですね。また、サンタバーバラは自然がたくさんあるので、サーフィンを始めたりする人もいれば、乗馬もできますし、カリフォルニアというその名の如く、ワインがとても有名なので、ワイナリーもたくさんあります。LAに比べたら確かに田舎ですが、私は本当にこの街、人が大好きになりました。

カウンセラーの対応はいかがでしたか?

I looooove her!! です。(笑) 初めてのカウンセリング時から、VISA申請、渡航時、全てに渡り、本当に親切に対応して下さりました。私も渡米は二度目とは言えどもたくさんの不安がありましたが、彼女のお陰でかなりの不安を解消できました。(自分の英語能力以外(笑))ここのスタッフさんたちは本当に気配りのできる、素敵な方々だなと感じたのを覚えています。

なぜ弊社を選びましたか?

私は友達の紹介でした。その友達もここの会社の斡旋でアメリカ留学しました。彼は6年たった今もアメリカにいます。(笑) ここの会社に来る前に某有名留学斡旋会社2社に行きました。しかし、2社ともが値段も高く、何よりも対応があまり親切ではありませんでした。契約したらそれで終わりでしょ、というような雰囲気。それに比べてここの会社は、値段も良心的で、何よりもスタッフさんたちのお心気遣いがとてもよく、もしもう一度留学する機会があるなら、必ずまたここでお世話になりたいですし、他の皆にも紹介してあげたい会社だと思ったからです。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
edujapan スタッフ募集ページ
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン