留学体験談

アメリカ 語学+ファッション留学 in FIT ニューヨーク

留学先
アメリカ・ニューヨーク
氏名
M.N
年齢
21歳
参加プログラム名
語学+ファッション専門留学
この参加プログラムの情報を見る
滞在期間
2014年4月 ~ 2014年11月 (8カ月間)
滞在方法
ホームステイ+シェアハウス
性別
女性

学校名

①St. Giles (英語コース)
②FIT (夜間ファッションコース)

留学をした目的、きっかけは何ですか?

語学力の更なる向上と本場アメリカでのファッション知識を身に着けたかったから。

FIT(ファッション工科大学)での様子

英語力アップとファッションビジネスについてのノウハウを学ぶにはとても良い勉強になりました!

1クラスは10人~20人くらいで行われ、思っていたより移民や留学生が多かった印象です。
生粋のニューヨーカーは街にも学校にも多くいるわけではないことに気付かされました^^;
中でも南米の生徒は、とても積極的に発言し、まずはトライしてみる人が多かったです。
日本人やアジア人はその反面引込み思案の人が多く、見習いたいポイントです。

クラスは机上の勉強よりもディスカッションやグループワークが多く、自分の意見を言わないとそもそもメンバーとして認めてもらえない。私も初めは意見を言わず合わせていたら、なにこの子?という雰囲気のある違和感を感じたので、次のクラスでは何でもいいから発言してみようと思いました。
そこから周りにどう思われてもいいから構わず発言してみようと決心し、クラスでも勇気を振り絞って発言してみると、みんな耳を傾けてもらえ、クラスにはより馴染めるようになったと思います。

また、学校にはNYでスタイリストになりたい!!と仕事を辞め覚悟を決めて来ている人が多かったです。やる気のある方が多かったので、良い刺激となりました。

最後にFITのコースを1つキャンセルした際に、なかなか返金がなされなかったことに苦労しました。アメリカ人の対応を目の当たりにしますので、依頼事項は自己管理し、何度もプッシュした方がいいです。

FIT(ファッション工科大学)で履修したコース

スタイリングコースはみんなでテーマを掲げて

始めはFashion Styling Certificateを目指していたが、期間が間に合わないことと、様々なコースにチャレンジしてみたいという気持ちから、Certificateには拘らず取りたいものをバラバラに履修しました。
例:Fashion Styling, Fashion Event Planning, Image Styling, Interior など

FITで一番楽しかったコースはなんですか?

模擬Fashion Shooting and Editingのコース

コース内容は、チームごとにコンセプトを決めて、雑誌などにあるエディティングページを作成すること。

コンセプトからチーム内で話し合い、そのテーマに合ったファッションスタイリングや見せ方を考えました。ディスカッションもヒートアップしケンカや仲間割れが起こることも。
最後はプロのモデルさんを採用し写真撮影と雑誌のレイアウトまですべて自分たちで完成させました。
スタイリングを決める際には、自分たちの持っている洋服をたくさん持ち寄って、その中からイメージに合った服や装飾品を選択していきます。
できるだけたくさんのアイテムがあった方がスタイリングの幅が広がるのですが、私は荷物にならないようにとアメリカにあまり多くの服を持ち込まなかった為、スタイリングの際には、日本で持っていたアイテムがあればな~と思うことがありました。時には自腹でお洋服を調達することもあったのでお小遣いが多くかかって痛かったこともあります。
スタイリングコースをとる方は面白いアイテムがあれば持って行った方がいいかもしれませんね。

言語力の向上について教えてください。

日常会話はもちろんネイティブとの会話が参加する授業にもついていける程になった。
夏に親が遊びに来た時にチケット買ったりレストラン注文などをしてあげたら感動していた。

帰国後の進路、希望就職先について現在の目標・お考えがありましたら是非教えてください。

現在、就職活動真っ最中です。
主にアパレル系をメインに2~3社に働きかけています。
子供服の企画やブランディングなどを担える総合職で決まりそうですが、どの会社さんも英語が使えることをメリットとしてくれ、就職活動は希望に合った会社で比較的順調に進んでいます。
面接官の方からは、海外経験ある人は重宝される、自分のやりたいことを行動に移せること、その為に休学を決断できたことは好印象に映るようです。
日本では大学で1年間ブランクができることを懸念される方もいると聞きますが、何もせず4年間過ごすより意志と行動力を買ってもらえる分アピール材料になると思います。

今後留学される方へアドバイスなどあればお願いします!

1年間は思っていたよりも長かったです。
途中、中だるみ思想になってしまいましたので、目標は1つだけでなく、段階を追っていくつか持っておくと限られた留学期間も充実すると思います。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
edujapan スタッフ募集ページ
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン