留学体験談

アメリカ 1年休学留学(学部留学) in ロジャーウィリアムス大学

留学先
アメリカ・ブリストル(ロードアイランド州)
氏名
S.K
年齢
22歳
参加プログラム名
1年休学留学 語学(6ヶ月)+学部聴講(2ヶ月)
滞在期間
2013年7月~2013年3月
滞在方法
ホームステイ
性別
男性

学校名

ELSブリストル、ロジャーウィリアムス大学

学部留学及び聴講した方は履修したコース、学部名を教えてください。

学部 Feinstein College of Arts & Sciences
授業 [American Government and Politics] ,[History of the Modern World]

留学した目的、きっかけはなんでしたか?

英語が昔からの趣味で、アメリカの映画や文化が好きでした。
アメリカ政治学をアメリカの大学で学ぶというのが夢で、大統領選の様子を直に見てみたい、という思いもあって踏切りました。

なぜ今回の留学方法(留学プラン)にしましたか?

アメリカの大学で講義を受けるには、語学学校を卒業するのが最善だと考えました。

学校の様子はいかがでしたか?

語学学校について:進学英語を専門に扱っているだけあって、ハードでしたが、ためになる授業を受けられました。生徒はみな真剣で、いい刺激を受けました。様々な文化圏の人間と話せて視野も広がり、とても満足しています。

大学について:アメリカらしく広く、美しいキャンパスでした。アメリカ人学生は紳士な方が多く、上品な大学だったと感じます。授業の教授にもよくして頂け、とてもいい経験が出来ました。

過ごした街について教えてください。

ロードアイランド州はポルトガル移民の多い州でした。州都であるプロヴィデンスは栄えていますが、私は海岸沿いにある小さな町、ブリストルに住んでいました。アメリカ北東部には四季があり、季節毎の楽しみがありました。秋にはハロウィーンがあり、ホームステイ先の子供達と紅葉した街中を歩き周ったり、冬には雪合戦をしたりと、いい思い出がたくさんあります。

学校生活での驚きや印象に残っていることはなんですか?苦労したことなどもあれば教えてください。

大学の授業に出て、アメリカ人がみなバランスよく発言することに関心しました。教授がよく生徒に意見を求める姿があり、そして学生も積極的に発言していました。自身の意見に固執して長話をするような人は少なく、違った考えを尊重する姿勢が素晴らしいと思います。

滞在先はいかがでしたか?印象に残っていること、異文化を感じたことなどあれば教えてください。

ホームステイ先の子供達と過ごしたのが最高の思い出です。可愛くて利発な子供達で、一緒に遊びながら英語を覚えた日々はかけがえのない宝物です。大学では、ビュッフェ形式の学食がお気に入りでした。料理全てが美味しく、ニューイングランドの学食選手権で一位を取ったというのも頷ける味でした。おかわりし過ぎてシェフに顔を覚えられました。

・一日のサンプルスケジュールを教えてください。

起床:7時半

語学学校:8時半~12時半

大学の学食で昼食:12半~13 (ビュッフェ形式、鉄板焼きが最高)
図書館で自習:13時~14時
大学の学部コースへ参加:14時~15時20分

カンバセーションパートナーとカフェで談話:15時半~16時半

帰宅、ホスファミリーとディナー:17時~

子供達と遊ぶ:18時~

日本の友達とスカイプ等でやり取り:20時~

英語の勉強、本を読む(英語):22時~

就寝:24時頃

留学生活を振り返っていかがでしたか?

アメリカは紳士の国で、自分の行動を見つめ直すきっかけになりました。留学は、言葉だけでなく、その裏にある文化まで学べるのが肝要であると思います。

英語力について教えてください。

留学前:TOEIC580 少しだけ話せました
留学後:TOEIC860 ペラペラ

スコア以外にご自身で英語力が伸びたと思えること、エピソードなどがあれば是非教えてください。

留学前では四苦八苦していた英語のゲームが分かるようになっていました。聞き取れなかった英語のセリフが聞き取れ、字幕なしでもプレイできるようになったのは驚きました。逆に、日本語字幕入りの映画が分からなくなりました。字幕の日本語で英語思考が阻害され、混乱するようになってしまいました。今は英語音声、英語字幕で見るようにしています。

帰国後の就職先について

志望していたメーカーに無事内定し、来年度より海外営業として働く予定です。
将来はアメリカで仕事をしたいので、まず日本で経験を積もうと思います。

なぜ弊社(EDU*Japan)をお選びいただきましたか?また、カウンセラーの対応はいかがでしたか?

私にあった留学を考えてくれたからです。私の留学への思いに真摯に向き合って貰った時の喜びは、忘れようもありません。実のある留学のためにはEDUが不可欠だと思いました。


カウンセラーの対応について:
私の留学への思いを受けとめてくれました。何のための留学なのか、を真剣に考えて頂きました。私の留学の成功は、亀井さんの尽力がなくしては成し得ないものでした。本当に感謝しています。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
edujapan スタッフ募集ページ
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン