留学体験談

アメリカ 休学留学(NYU+インターンシップ) in ニューヨーク 

留学先
アメリカ・ニューヨーク
氏名
O.A
年齢
21歳
参加プログラム名
休学留学(語学+ビジネス専門+インターンシップ)
この参加プログラムの情報を見る
滞在期間
2015年 2月 1日 ~ 2015年3月28日 
滞在方法
ホームステイ
性別
女性

学校名・履修したコース名

①St.Giles, コース:General English Part Time
②New York University (NYU)

インターンシップをした方はインターンシップ先について教えてください。

職種:メディア
業種:映像情報製作・配給業
職務内容:レポート、取材の同行
インターンシップ期間;1ヶ月
印象に残ったこと:聖パトリックデーのパレードの撮影に同行し、道行く人にマイクを持ってインタビューし、撮影してもらいました。また某人材派遣会社の祝典パーティーにも参加し、元経済大臣の姿をお目にかかる機会をいただきました。

留学をした目的、きっかけは何ですか?

元から英語を学ぶのではなく、英語で学びたいという思いがありました。ニューヨークを訪れるのは三度目でしたが、前はできなかったこと(ファッションウィークに参加、ネイティブにインタビュー、ドラマ撮影を見る)を全部やり遂げ、他の人が経験したことがないことをやってみたかったからです。

なぜ今回の現在の学校(留学プラン)を選ばれましたか?

経済的な問題で本来一年留学するつもりが二ヶ月しかできなくなったので短い期間の間に一年分のやりたいことをカウンセラーの方と相談し、詰め込みました。忙しくも充実したプランになりました。

渡航国、都市の雰囲気はいかがですか?

今年のニューヨークは歴代3番目の寒さだったので、誰もが凍えていました。それでも人種のるつぼと呼ばれるだけあって活気に溢れ、沢山の言語が飛び交い、常にアメリカ、ではなく他の国にもいるような気分になりました。前まで「観光地」としてのニューヨークしか知らず、いい面ばかりを見てきましたが今回は他のダークな側面…ネイティブなら誰もが味わうこと…も経験することができました。

学校生活の様子や印象に残っていることは何ですか?苦労したことなどもあればお書き下さい。

一番印象に残っていることはやはりファッションウィーク。リンカーンセンターに集まるファッショナブルな人々にインタビューしたり、写真を撮ったり、一歩下がってプロのカメラマンたちがモデルたちを撮影しているシーンを見るのも楽しかったです。ラッキーなことにファッションショーを目の前で見ることができたのも貴重な体験でした。またドラマの撮影地で大ファンであるジェームズ・スペイダー氏に会い、交流できたのもスリリングな経験でした。
苦労したことは凍てつくような寒さ。ありがたいことに風邪にはなりませんでしたが、あまりの寒さに外にでるのも辛かった…。あとはインターンでレポートを書く際に取材対象にアポイントをとること。ホームレスや毛皮というシビアな内容でのレポートだったので誰も相手にしてくれない状況でした。特に毛皮の話はニューヨークでは一種のタブーだったので毛皮専門店では追い出されもしました。だがそれもいい経験で、ますますこの問題を理解したいという気持ちが高まり、親切なニューヨーカーたちの助けを借りてなんとかレポートを書き終えることができました。

余暇の過ごし方について教えてください。

常に休まず、街中を走り回っていました。ある時はCiti Bikeを借りてアッパーイーストからウオールストリート、それからブルックリンまでサイクリングしたり、Brooklyn Fleaへ出かけたり。友人とふざけてコーヒーとクロワッサンを買い、ティファニー本店の前で「ティファニーで朝食を」ごっこなどをしたりしました。

大まかな一日のスケジュールについて教えて下さい。

起床時間→6:45 それから8時の電車に乗るまでゆったりと準備 NYのメトロは時間通りに来ないので(特に冬は何十分も待たされる)
学校スタート→9:00 最初は軽く会話、それから配布されたプリントを基にディスカッションやプレゼンを行う
昼食→13:00 食には殆ど興味はなかったので殆どピザ(これで4kgほど太った…)
午後授業若しくはフリータイム→フリータイムは観光・ドラマの撮影地巡り。観光する時はツーリストを避けてブルックリンやバウリー周辺を歩く。ドラマの撮影はニューヨーク中でやっていて、あまり規制もないので生の撮影を見ることができる。
夕方以降→19:00以降になるとかなり暗くなるので帰宅。友達と遊んだり、ブロードウェイで演劇を見る際は12:00までシティにいた。
夕飯→20:00 同じ家の留学生やホストマザーと一緒にドラマや映画を見ながら会話。ホストマザーの息子が警官だったのでニューヨークの警察事情を詳しく聞くことができた。
宿題時間→22:30 三十分ほど
就寝→12:00

言語力の向上について教えてください

会話力について:英語を常に話す環境であったため、会話力は確実に上がったように思います。語学学校のクラスメイトたちは午前の授業が終わると他の授業やインターンなどがあったため、一緒にでかけたりすることはなかったです。その代わりに先生やホストマザー、カフェで隣の席にいたネイティブに積極的に話しかけたりしました。

これまでの留学生活を振り返ってみていかがでしたか?

今までで一番濃い留学生活でした。思い通りにいかないこともありましたが、自分のやりたいことを全てクリアし、また思ってもみなかった機会を得ることができました。人と同じようなことをするのではなく「自分しかできないこと」ができた留学でした。

これから更に頑張りたいこと、目標などあれば教えてください。

やはり英語を勉強するのではなく、英語で何かを学ぶこと。最初はNYUでプロモーションを学ぶつもりでしたが、無難に決めてしまった気がしたのでその「何か」を明確にしたいです。いつかニューヨークに戻り、もう一度NYUのクラスを取りたいと思います。

帰国後の進路、希望就職先について現在の目標・お考えがありましたら是非教えてください。

自分と同じように海外で何かを学び、経験したいと考えている学生や社会人のサポートをする留学カウンセラーになりたいです。そしていつかもう一度ニューヨークに戻り、他のことをもっと学んでから現地スタッフとして働きたいと思っています。またインターンのおかげでメディアに関しても興味が湧いたので今は自分に何ができるかということを模索しています。

なぜ弊社をお選び頂きましたか?

ニューヨークで留学することははやくから決めていたのですが、何をするかは明確ではありませんでした。とにかく、英語で何かを学びたい、と考えていたところ、NYUのCertificateの紹介を発見し、ここだ!と思い立ちすぐにカウンセリングの予約をしました。

今後留学される方へアドバイスなどあればお願いします!

人の目を気にせず、自分のやりたいことをやるのが一番だと思います。留学中は酸いも甘いも経験すると思いますが、どれも「経験」で自分の一部なので苦しい状況でも楽しんでください。
 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン