留学用語集

TOEFL

Test of English as a Foreign Languageの略称で、海外の教育機関(主に北米)に留学をする学生の英語力を査定するために利用されます。
ほとんどの教育機関ではTOEFLスコアの有効期限は二年間です。
受験方法はiBT(Internet-based test)とPBT(Paper-based test)の二種類があります。日本では多くの都道府県で、多い場合は毎週末iBTを受けることができます。受験費用は25,000円前後です。

他に、大学などの団体が実施するIPT(Institutional Testing Program)がありますが、この結果は正式なスコアとはみなされず、出願するにあたっての効力はありません。

IELTS

International English Language Testing Systemの略称で、海外の教育機関(主にヨーロッパやオセアニア)に留学をする学生の英語力を査定するために利用されます。Academic VersionとGeneral Training Versionの二種類があり、前者はカレッジや大学など高等教育機関への出願の際に利用され、後者はインターンシップや移住を目的とする場合に利用されます。

日本では東京、大阪、名古屋など五大都市の会場でほぼ二週間に一度実施されています。受験費用は25,000円前後です。

リベラルアーツ

人文科学、自然科学、社会科学を包括する専門分野の総称で、教養学とも呼ばれる。元来はアメリカで専門教育課程に入る前段階の少人数の中での基礎的な教養を磨くための課程で、エリートを養成するための教育とも言われてきた。日本でも教養学部や一般教養課程を設置する高等教育機関は増えてきている。

専門課程を検討する上で時間的余裕が与えられる点、また十分な基礎能力が得られる点において効果的であるとされる。

ファンデーションコース

主にイギリス、オセアニア圏など、大学期間が三年間に設定されている国に存在する。日本の高校三年生を卒業して前出の国の大学に進学しようとする場合、日本の大学一年次にあたる、このファンデーションコースを修了している必要がある。

ファンデーションコースは各大学のキャンパス内に付設されているものや、私立の教育機関が運営しているコースなど様々で、平均9ヵ月~1年半をかけて修了する。ファンデーションに入学するにも英語力が要求されるので、この前に集中的に英語を学ぶ期間が必要となることが多い。

コース内容は大学の講義を受講するにあたって必須となる能力やスキルを、グループワークやプレゼンテーションなど、大学本科と似通った方法を通じて学ぶことができます。

GPA

Grade Point Averageの略称で、海外の高等教育機関に留学を希望する場合の学業成績評価の基準として利用される。出願にあたっては、ほとんどの学校で英語力の証明と合わせてこのGPAスコアの提出が求められる。

国、学校、プログラムにより、判定方法がことなるが、一般的にアメリカの多くの大学で用いられる計算は下表の通りである。

2.5以上のGPAを保有していると大学の選択肢を広げることができる。

Grade A B C D E / F
% 90~100 80~89 70~79 60~69 0~68
GPA 3.5~4.0 2.5~3.49 1.5~2.49 1.0~1.49 0.0

TAFE(テイフ)・Polytechnic(ポリテクニック)

TAFEとはTechnical and Further Educationの略称で、オーストラリアの州立専門学校、職業訓練校のこと。

Polytechnicとはニュージーランドの公立専門学校、職業訓練校のこと。

いずれも、大学とくらべ、将来の職業に直結した知識や技術を習得でき、期間も6ヵ月~2年と様々。

 
 
トビタテ!留学JAPAN
 
株式会社海外教育研究所
 
サマースクール 夏休みプログラム | 海外教育研究所
 
EDU*Japan スタッフブログ
J-CROSS 留学サービス審査機構の公式サイト
MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン